チャコナツんち

夫(Ken)と愛犬との暮らしを綴っています。

かかりつけ医で6月21日(水)に受けた春の血液検査(11歳時)で、
昨年末のウルソ処方でいったん下がっていたALTとALP値がまたあがっていました。
(ALTとALP値は2年くらい前から除々にあがってきていました。)

【8月2日(水)】
早朝4時半頃、ナルーちゃんが前日の夕食を嘔吐。
生食なのに、8時間以上経ってほぼ未消化のままなのは初めてで、
胃腸が働いてないのかなと思いました
お散歩も催促するし、ウンチも普通なのだけど、朝も夜も食欲が沸かない様子でした。
夕方にはシエナが戻るのだけど、念のためかかりつけではなくN病院に行こうと思い、
S先生はお休み日だったので、出勤される次の朝に行くことにしました。

【8月3日(木)
1日食べずに胃を休ませたからか、少し食欲がもどってきたようで、
朝ご飯は食べたそうにしていたけれど、ここは絶食してN病院へ行きました。
午前中の血液検査の結果、ALTとALP値がかなり跳ね上がっており、
さっそく午後にエコー&レントゲン検査をして頂けることとなりました。
結果、肝臓にも胆嚢にも腫瘍系の悪いものは写っていませんでした。
胃腸は白く写り、ガスがたまっているようでした。
やっぱり働かなくなっていたんですね。
夏バテかな。
お預かりの間に点滴をして頂いて、2週間分のウルソを処方してもらいました。
のちのち、胆汁酸の検査をしてもよいかもね、とも言われました。

夜には食欲はいつもとおりだったけど、1日半ごはんを食べてなかったので、
夕食は消化の良さそうなものをちょっぴりだけ。
その後2、3日、基地に居る間は柔ウンチだったので、
ウンチが元の状態に戻るまではいつもの半分の量にしてました。
Vi-campの間は8割くらいで。
2週間サプリは一切なし。

【8月18日(金)
再診へ。
2週間のウルソでALTとALP値はグーンと下がってました。
正常値よりまだ少し高いけれどもう緊急性はないということで、
とりあえず2週間分のウルソの処方で今回の通院は終了となりました。
20170818ナルーちゃん病院 

ずっと健康優良児で来たけど、やっぱりぼちぼちシニア病が出はじめちゃったかな。
季節の変わり目の気圧の変化時にも気をつけなくちゃですね。

**明日も今日の変わらぬ穏やかな時間の続きでありますように***

スポンサーサイト
6月4日(土)は本村女史による第わんにゃん食事関西セミナーでした。
テーマは「ワクチン接種の最新情報」。
WSAVA(世界小動物獣医協会)が2007年に発表したワクチネーションの
ガイドラインによって、ようやく日本の獣医師会もそれに対応した方針に
整備しつつあるようです。
というのも、混合ワクチンは年に1回接種するのが飼い主の義務!みたいな認識は、
必ずしも毎年の接種が必要というわけではない、とする認識に変わりつつある
ということなんですよ。
製薬会社の使用説明書にも「1年ごとに接種」という記載は、いまはもうないそうです。
もちろん飼育環境や居住地域で流行っている伝染病などがあれば
感染するリスクもあるでしょうが、
ワクチン接種によって副反応が見られた子の話もよく耳にしますし、
その子の体質によっては接種することのリスクもよく考えて、
ワクチンの組み合わせや接種する期間など、獣医師と相談したいですね。

我が家では先生のセミナーを受講するようになってから(15年くらい前かな?)
年に1回のワクチン予防接種はせず、ずっと抗体価検査をしています。
春のフィラリアの検査のときに、一緒に血液を採って調べてもらうので手間もかかりません。
毎年抗体価を調べているわけですが、年々減っていくというものでもなく、
あがったときもありました。
それはたぶんどこかで自然感染し、免疫力でもって発症はせず、さらに抗体が増えた、
ということなんだろうと思います。

もうひとつ、
抗体検査をオススメするのは、ワクチン無反応(抗体を作れない)のコが
いるそうです。
せっかくワクチンを接種しても抗体ができていないのでは意味がないですもんね。
そうした体質ではないかどうか調べることもできますね。

あと、
ドッグランやペット可の宿泊施設を利用するときに、
1年以内の混合ワクチンの証明書の提示を求められることがあります。
私はこの抗体価検査証明書を提示しています。
最近はこれでもOKのところが増えていますよ。
どうしても接種証明書でないとダメ!という、わからずやの施設は利用しません(笑)。

*写真は、セミナー最後の、牛の腎臓の解体?(笑)のものです。
20170624.jpg 

**明日も今日の変わらぬ穏やかな時間の続きでありますように***

6月21日(水)夕方、フィラリア検査&院内の一般血液検査と
パルボ&ジステンバーとブルセラの抗体検査と、
マナのみ狂犬病の注射をしてもらいに行きました。
フィラリア検査ふたりとも、もちろんの陰性。
抗体検査は外注です。
当日、病院が混んでいたので院内検査の結果も
抗体検査と一緒に送ってもらうようお願いしました。
この記事UPの7月1日(土)現在、まだ届いていないので、
届き次第、追記します。

ナルーちゃんは11歳のお誕生日を迎え、
いま現在は重い病気の宣告もなく、元気に過ごしています。
体重は29.3kg。
去年と同じです^^
触診などで気になるところはありませんでした。

マナの体重は31.3kg。
去年より2kgも太りました(汗)。
触診で去年同様の「背中に沿っているはずの腎臓の筋が延びて少し下がっている」
のがあるらしく、大きさも変わっていないので問題ないでしょうとのことでした。


**明日も今日の変わらぬ穏やかな時間の続きでありますように***

10日、ナルーの血液検査に行きました。

最近、お水を飲みだすと止まらなくなるので、尿検査もお願いしました。
数値的に心配ごとはありませんでした。
普通の血液検査では分からない、軽微な腎不全が分かる血液検査が
外注でできると聞いて心配性な飼い主はそれもお願いしてきました。
*12月20日、電話を頂き、結果そちらの心配もないとのことでした。
いまお水は、ナルーが催促したときに入れるようにしていて
1日飲んだ量をおおよそですが測っています。
20161210ナルー検査結果1

11月26日にお薬(ウルソ)をもらって2週間、数値が少し下がってました。
おぉーー。
なので、さらに2週間分のウルソをもらってきました。
また2週間後、24日前後で再検査してもらおうと思っています。
20161210ナルー検査結果2

明日も今日の変わらぬ穏やかな時間の続きでありますように。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在の閲覧者数:

まりこ@管理人

Author:まりこ@管理人
暮らしの中で起こった毎日のちぃさなできごとを綴っています。
++メンバー++
居住地:大阪府
* 夫:Ken
おうし座:A型
二黒土星
* まりこ@管理人
(HN:チャコナツ
おひつじ座:B型
一白水星
* CHAKO/チャコ♀
GR×ハスキーmix
1998.7.28~2012.1.14
リンパ腫にて虹の橋へ。
(享年13歳と5ヶ月と17日)
* NATSU/ナツ♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:black
1999.10.20~2005.11.9
悪性組織球症にて虹の橋へ。
(享年6歳と20日)
* NALU/ナルー♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:liver
* MANA/マナ♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:black

script*KT*
あの日・・・ あの日・・・

++ site menu ++
*home
*My home
*about us
*memory
*health
*topics
*natural
*trailer
*link
+++++++++
*BBS

++ チャコナツ写真館 ++
  •  また、あした。
  • 1/12更新♪










    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    -天気予報コム- -FC2-