Welcome to my blog

第18回関西セミナー

Category - 犬の健康
22日は、1年半ぶりの、ワンにゃんの食事関西セミナーがありました。
午前の部のテーマは「カラダと食事」
午後の部のテーマは「ワンコの気持ち学」
ふと考えていたんだけど、第1回は確か2003年だったので、我が家のワンたちの食事って、もう10年手作りなんすよ~。
ほぼ欠かさず受講しているので、大切なことはパブロフのごときに(笑)、インプットされてるといいんだけど。

午前の部の「カラダと食事」は、
1.外皮のこと、
2.消化器系のこと、
3.血球の働きのこと、
4.感覚器のこと。

1.の外皮については、さらに被毛の働きや皮膚腺に、ほりさげたお話。
2.の消化器系については、肝臓の働き、肝臓に悪影響を与える要因、肝機能検査の結果のチェックポイント、
 そしてタンパク質、脂質、糖質の消化吸収について。
 高シンシュリン血症や老化タンパク質(AGEs)の問題について。
3.血球の働きについては、赤血球、白血球、貧血、脾臓のこと。
4.感覚器については、嗅覚、聴覚、味覚、視覚。

最後に、犬種別の注意すべき疾患(結石、心疾患、甲状腺機能低下症、糖尿病、椎間板、ガン/腫瘍)の食事や生活環境のヒントや、
犬種別に見た必要とする特定のタンパク質について、でした。

先生の話はね、どんどん掘り下がっていくので、頭はずっと大忙し(笑)。
だけど、どの話も興味深くて納得で、なにより先生の話のテンポや抑揚が、私には聞きやすい。
そして、レジメにはないポロっと出る話もまた楽しみなのですな~。
ボーッとしてるヒマなんぞありんせんよ。
いつも3時間半なんてアッという間です。

午後からの「ワンコの気持ち学」は約2時間。
お友達は帰ってしまって、ちょっと寂しく受講しました(笑)。
ナルーもマナも、毎日特に問題行動や困ったこともなく、楽しく暮らしているけれど、
でも犬たちに何気なく接している態度を、もう一度、少し立ち止まって考えることで、
より良い関係が築けるかもしれないかなと思いました。

ということで、午前&午後で計5時間半という長丁場なセミナーでした。

マナっちとお留守番してくれたナルーさん。
6月24日撮影




みなさまの明日が、今日と変わらぬ穏やかな日でありますように。
スポンサーサイト