Welcome to my blog

台風18号

Category - 琵琶湖基地
台風18号。
我が家は、ビブリキャンプに行って、クローズになったあとも、埼玉の鶴ヶ島市のトレーラーショップに無理やり訪問し、
なんだか暴風雨も危険を感じることなく、うまく回避しながら、16日の夜にお気楽に帰宅したんですが、
帰ってきてからの関西の台風被害のテレビの情報は主に京都で、他人事のように見ていましたら、
17日に琵琶湖基地の自治会長さんとお隣さんから連絡を頂きまして。
近くを流れる鴨川が決壊し、その濁流が琵琶湖へ流れ込み、車のボンネットあたりまで水位が上がり、
地域は床下床上浸水の避難勧告がでる被害となったそうです。
避難勧告がでたときには、もう出られない状態だったらしく。
しかも避難場所はガリバー。
いや遠すぎるし。
みなさんの車は廃車らしいです。

18日に、急きょ、片付けに行ってきました。
門扉には漂流物がいっぱい引っかかってました。
20130918-1.jpg

デッキの床まで浸水していたようで、床を少し高くしていたおかげで、居間の床上浸水は間一髪免れていました。
が、お風呂場はユニットの関係で居間から少し低くなっていたので床上に浸水していました。
バスタブには泥水が逆流。
20130918-2.jpg

ガレージ&庭中に、泥が2cmほど積もっており、乾いてカピカピに。
2m近く低い裏の田んぼを越えて浸水したということは、田んぼ一面が琵琶湖状態になっていたということなんですよ。
なんておそろしい。
20130918-3.jpg

倉庫は浸かってました。
トレーラーを出動させていて、ホントよかったデス。
不幸中の幸いですね。
人生っていろいろあるけど、Kenも私もいつもギリギリで守られてる気がします。
ナルーとマナが待っているので、この日は夕方の時間ぎりぎりいっぱいまで掃除をして、いったん帰宅しました。
20130918-4.jpg

そして、20日(金)の夜からKenと共に基地へ入り、21日(土)早朝より後片付け。
すると、朝早くから、こんなにたくさんのボランティアさんがお手伝いに来てくださったのです。
大変でしたね~とお声をかけてもらうだけで、胸がじーんと熱くなりました。
でも、ウチのようなお遊びの家にお手間を取らせては申し訳ないので、ガレージの泥掃除だけ手伝っていただきました。
2人だと何時間かかるだろう・・・と思っていた作業が、たったの15分くらいで終わっちゃいまして、すごくありがたかったです。
そのあと、これからの自分のあり方を、いろいろ考えながら、庭とタイル部分のドロ掃除をしてました。
20130921基地-1

タイル部分は少しきれいになりました。
20130921基地-2

泥。
20130921基地-3

甘ナツちゃんは無事で、実がこんなに大きくなってました。
20130921基地-4

食べごろになると、鳥につつかれるのかなと思い、りんごみたく袋をかけてきましたが、どうなんでしょう。
20130921基地-5

車庫スロープも、どうやらドンブラコ~と流れていったようで、新しく購入しました。
20130921基地-6

この一面が琵琶湖と繋がっていたんですよ。
稲も泥をかぶってしまうと、もうダメなのかな~。
建物の回りは、バラスが敷いてあって、その中のドロを掃除するのは、気の遠くなる作業になるので止めました。
あとは月日がなんとかしてくれるのを待ちまし。
20130921基地-7

このお二人の頭の中は、琵琶湖パラダイスになっていて、ピーピーとうるさいるので、
お掃除が一段落した夕方に白髭へ行って遊びました。
そのお写真は別記事で。
20130921基地-8




みなさまの明日が、今日と変わらぬ穏やかな日でありますように。
スポンサーサイト