FC2ブログ

シケた話@琵琶湖基地編

私は冷たい外気に手を露出し、暖かいところに戻ると、必ずむず痒くなる。しもやけ?!
なので、お散歩のときは、必ず指先のない手袋をする。
冷え性なのね。
冬は、チャコが、床のテラコッタタイルから長椅子でくつろぐようになる。
床暖をするから、床は暑いのよねぇ。
ガスファンヒーターをつけるとチャコがハーハー言うから、しょっちゅうつけたり消したり。
なので、私はひざ掛けも必須。
1211-c

先日、琵琶湖基地の11月分のLPガスの請求書が来た。
大阪の家はヌックカワック契約なので、51㎥使用しても5,800円程だけど、琵琶湖基地はたった3.4㎥で3449円。
た、たかーいっ!
仕方なく、ガス屋に電話して内訳を聞いてみた。
基本料金は1575円。
っつーことは、1㎥あたり551円だよ!!
ちなみに大阪を計算してみる1㎥あたり70円ほど。
うげ、7.8倍。
いくらLPのほうが高カロリーだからって言っても、高い。
使用量が多くなると割安になるそうだけど、もし大阪と同じように使ったら、単純計算しても29,676円ということになる?!
うっへ~っ、ガスストーブはありえない!
灯油も高そうだし、やっぱりめんどくさいけど、自分で充填するキャンプのプロパン仕様のコールマンのストーブがいちばん経済的のような気がするなぁ。
それとも、ホットカーペットかこたつかな!?
そう思うとトレーラーって、めっちゃ経済的。
あぁ、クナウスさま。(笑)

カテゴリーは琵琶湖基地にしておこ。
夢のない、シケた話ですんまそ~ん。
1211-n

スポンサーサイト



コメント

コメント(11)
うそっ、うちの小屋、手軽にガスストーブやし。。。
あかんあかん。何か考えなくっちゃ(汗)

ちゃらあずじん姉

2007/12/12 08:29 URL 編集返信
ちゃらあずじん姉ちゃん♪
姉ちゃんトコ、請求書来てる?
いろいろ検索してたら、LPガスは、販売店が自由に料金を決めて良い事になってるらしい。
ってことは、お隣と同じだけ使っても、料金が違うってことがあるのさ。
請求書来てたら、販売店教えてちょ。(笑)


まりこ@管理人

2007/12/12 10:03 URL 編集返信
プロパン料金
まいど、小屋ネタ、アウトドアネタに入れ食い状態のポル7です(^_^;)

プロパン料金について判らないことがあったので調べてみました。
キャンプで使うボンベの時の単位はkg、家庭で使う時は立方メートル、
これってどう違うのん?

答えは、
http://www.daipro.co.jp/gasu/index.html
の下段のほうに、
0.482はプロパン1kg当たりの気化率「産気率」
とありました。

普通、充填所での値段もバラバラですが、250円/kg前後ならまあ、安いほう
と聞いてます。
ボクも色々探して、250円/kgで充填してます。
これを㎥に換算すると、

1÷0.482㎥/kg × 250円/kg =519円/㎥
となりました。
基地のガス屋さんも少し高いけど、飛びぬけた高さではないですね。
やっぱりプロパンは高いのか~(-_-;)

灯油もバカ高くなって来てるし、今流行りは薪ストーブだって~
本体は10万円前後、壁に穴開ければOK。
一般住宅なら処理が大変だけど、ログなら簡単そうですよ(そそのかす)

ポル7

2007/12/12 13:25 URL 編集返信
ひゃー、LPガス高すぎっ!
高い高いとは聞くけど、こんなに高いとは…。
でも電気だけで暖を取ろうと思うと、それもなかなか高くつくよねぇ。
うぉー、ここはやっぱ薪ストーブですか^m^

はぁぁ、ウチはまりちゃんちの床暖がまずうらやましいっす。
奈良は寒いよ~。こないだ初氷見ちゃったもん。

みっちゃん

2007/12/12 15:58 URL 編集返信
コメントをありがとう。
*ポル7さん♪
いつも、アドバイスありがとうございますー!
トレーラーのプロパン充填は、Kenにまかせっきりなので、単位は知らなかったですー。
へぇ、Kgなんですね。
でで、おぉ、なるほど~、すごくわかりやすい。
ありゃりゃ、基地のガスやさん、1㎥あたり551円でも、それほど飛びぬけた高さではないのですねぇ~^^;
ほえぇ、やっぱプロパンって高いっすねぇ。(T_T)

薪ストーブ、すごくあこがれます。
でも、★M女史に、ペレットストーブというのを、教えてもらったんです。
すっごく、よさげなんですよ~!
この冬は、もう手が出ないけど、是非、来年には手に入れたいなぁ。。。

*みっちゃん♪
床暖はいいよ~!
部屋の空気もじんわり暖かくなるし、ストーブはあんまり点けてないよ。
消しても、しばらく暖かいしネ。

驚きやろ、LPガス!
そういえばさ、LPガスの地域って、オール電化にしてソーラーしてはるおたくが、多い気がするよね。^^;
薪ストーブに似てるけど、ペレットストーブっていうのがあるんよ。
燃料が、薪より低コストみたいやし、手軽そうやねん♪
でも、またいつか、やね。(笑)

まりこ@管理人

2007/12/13 11:56 URL 編集返信
ペレットストーブに反応しちゃった!!
バイオマスエネルギーの一種だよね。
Markが、まさにバイオマスエネルギー関連のお仕事してまぁ~す!!
ペレットストーブは、薪ストーブより燃料に関しても地球に優しいし、
煙もほとんど出ないと言ってましたぁ~
モニターで使わせてほしいとお願いしてまっす!
チャコナツ家もモニターになる?(笑)

みゅう

2007/12/13 19:33 URL 編集返信
みゅうさん♪
そうそう、ペレットストーブ、よさそうだよね。
薪より低コストみたいだし、女性でも簡単に扱えるみたいだし♪
Markさん、その関連のお仕事されてるんだ!!
みゅうさんちがモニターしたときは、感想を聞かせてね。
で、チャコナツ家も是非、モニターしたいっす。(笑)

まりこ@管理人

2007/12/14 10:11 URL 編集返信
どうも、ご無沙汰しております。
風邪でダウンして家にいたので珍しくネット徘徊しておりました。
偶然ですね、うちもペレットストーブのこと、考えてました。
よかったらうちのブログ、みてください。http://blog.mmhoshi.net/
で、ほぼこの冬に導入に決定です。導入したら我がブログにアップしていきますので、みなさんのペレット導入のお役に立てばと思います。
では、また。

ほっしー

2007/12/19 08:00 URL 編集返信
ほっしーくん♪
おぉ、以前にご紹介してくださったペレットストーブ、もう今季のうちに導入されるのね♪
我が家の基地は来季に期待。←ウチの決定権はKenですよ。
ちょっと心配なのが「消化」なの。
薪ストーブもなんだけど、消化したあと、ペレットは、どれくらいの時間、ストーブの中でくすぶってるのかしら。
その時間を考慮して、外出しないといけないんでしょうね。
そんな使い勝手も、また教えてね。

まりこ@管理人

2007/12/19 14:19 URL 編集返信
消化時間
まりこさん、お返事、ありがとうございます。

では、営業活動はKenさんにさせてもらいますね(笑)

消化時間ですが、さっそく聞いてみたところ、「機種によりますが、一般的に10分程度です。炉の中のペレットが燃えきるまでファンがまわり完全に消えてファンが止まります。」とのことでした。
ご参考まで。

ほっしー

2007/12/19 18:30 URL 編集返信
ほっしーくん♪
さっそく消化時間のこと、聞いて下さってありがとう。
おぉ~!
たった10分程度で消化できるんですね。
やっぱり使い勝手よさそうですね!

まりこ@管理人

2007/12/20 18:32 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

ご訪問ありがとう



現在の閲覧者数:

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事+コメント

リンクいろいろ

プロフィール

まりこ

Author:まりこ
暮らしの中で起こった毎日のちぃさなできごとを綴っています。
++メンバー++
居住地:大阪府
* 夫:Ken
おうし座:A型
二黒土星
* まりこ
(HN:チャコナツ
おひつじ座:B型
一白水星
* CHAKO/チャコ♀
GR×ハスキーmix
1998.7.28~2012.1.14
リンパ腫にて虹の橋へ。
(享年13歳と5ヶ月と17日)
* NATSU/ナツ♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:black
1999.10.20~2005.11.9
悪性組織球症にて虹の橋へ。
(享年6歳と20日)
* NALU/ナルー♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:liver
* MANA/マナ♀
FLATCOATED RETRIEVER
color:black

Birthday

あの日・・・ あの日・・・

チャコ・ナツ海岸

++ site menu ++
*home
*My home
*about us
*memory
*health
*topics
*natural
*trailer
*link
+++++++++
*BBS

++ チャコナツ写真館 ++
  •  また、あした。
  • 1/12更新♪

    おすすめリンク









    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブログ検索